日暮里お散歩マップ 各町会からのお知らせ
荒川河川敷 足立区花火大会
荒川河川敷 足立区花火大会
「心をつなぐ光のファンタジー」
大正13年(1924年)、千住新橋の開通を記念して行われた「千住の花火」が始まりです。その後戦争等により一時中断がありましたが、昭和54年に復活して以来、毎年開催されています。広い河川敷が会場であるため、ゆったりと土手の斜面に座って観覧できるのが特徴です。また、花火を間近で見られるため、花火の迫力が存分に味わうことができます。今年は第30回目を記念して、昨年より打上発数を約3,000発増やしています。夏の夜空を彩る約15,000発の花火をお楽しみください。
イベント名
荒川河川敷 足立区花火大会
日 時
平成20年7月24日(木)                       終了しました
時 間
午後7時15分~8時45分
(荒天の場合は25日に順延、両日荒天の場合は中止)
プログラム
【第1幕】光の舞踏会
オープニングは華やかに、途中は少しメリハリを感じさせ「色」の美しさと、ともに、代表的な音楽にのせて、花火と音楽の調和をご覧いただきます。

【第2幕】夜空の花火コンダクター
新しい花火(パステルカラー、点滅、キラキラ等)や、昔懐かしい花火など、花火の新旧を対比させたコントラストをご覧いただきます。

【第3幕】花火交響曲
毎年恒例となりました、迫力ある300mのナイアガラに加えて、「芸術花火300」と題して、花火の高度な技をご覧いただきます。

【第4幕】音と光の夢空間
クライマックスは5分間に約4000発の迫力ある大スターマインを演出します。
会 場
荒川河川敷/東京メトロ千代田線鉄橋から西新井橋間
交 通
東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩15分
東武線小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩15分
備 考
※事故防止のため、プレジャーボートでの観覧を禁止します。
※観覧船(屋形船)での来場は、事前の申し込みが必要です。詳細はこちらをご覧ください。→ http://adachikanko.jp/fireworks/info_Boat001.html
主 催
足立区観光交流協会・足立区